HMB 危険性

HMBの危険性は?

HMBの危険性は?

副作用

 

「HMB」とはアミノ酸から生まれる物質

 

HMBは、タンパク質アミノ酸の一種ロイシンの代謝によってできる物質ですから、
食物と同じ扱いになります。

 

とくに、副作用などの報告もなく、安全性は高いもののようです。

 

しかし、どんなに安全性の高いものでも、何かしら危険性はあるものです。

 

 

過剰摂取が間違いの元!

 

HMBを服用される方は、筋肉をつけようと、日々筋トレに励んでおられる方です。
誰しも無駄な肉のないシャープな身体を作りたいと思うものですが、筋トレに励んでおられる方は尚更です。

 

しかも、HMBを摂取し始めてから効果が見えるようになると、心が急きます。
もう少し余計に飲めば、もっと効果が上がるのではないだろうかと。

 

これが間違いの元です。

 

確かに個人差はありますが、1日の摂取量は、身体が必要とし、処理能力の範囲内の数値です。

 

直ぐに問題が生じることはありませんが、過剰摂取は、体内のアミノ酸のバランスを崩し、
筋肉の量が落ちたり、他にも影響が出る可能性もあります。

 

摂取量は守るようにしましょう。

 

 

飲むだけでは筋肉増量効果はない!

 

また、筋肉増量効果があるのは、日々筋トレをしている方に対してです。
HMBは、その筋肉づくりをサポートするものです。

 

ところが、飲むだけで筋肉の増量ができると思い込んでしまう方もあります。

 

筋トレや運動をされない方の場合は、HMBを摂取するだけで過剰摂取となります。

 

筋トレや運動をしないのであれば、効果は期待できませんので、飲まない方がいいでしょう。
継続的に摂取すると過剰なものを処理する肝臓や腎臓の負担にもなります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ